身近な自然を楽しむ装備


by koukidou-soubi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

カテゴリ

全体
児島半島縦走
デルタ君
背嚢(バックパック)
天幕(Shelter)
個人装備
サコッシュ(Sacoche)
ポーチ(Pouch)
ペグ(Tent Peg)
ペグポーチ(Peg Pouch)
ウォレット(Wallet)
野外炊具
糧食
機体整備
PDF
未分類

SHOP LIST

フォロー中のブログ

外部リンク

以前の記事

2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月

その他のジャンル

最新の記事

H.M.E Spinnake..
at 2016-02-02 13:26
H.M.E cuben fi..
at 2016-01-29 19:45
H.M.E Cuben Fi..
at 2016-01-26 23:15
H.M.E Spin Wal..
at 2016-01-11 21:04
H.M.E Spinnake..
at 2016-01-07 14:59

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アウトドア

画像一覧

<   2011年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ウルトラライト ダウンCOZY (DOWN COZY) 2

b0194865_21344210.jpg

          H.M.Eウルトラライト ダウンコジー(DOWN COZY)
          リバーシブル。

b0194865_2135174.jpg

          パーツはこれだけ。

b0194865_21352186.jpg

          中側を縫う。

b0194865_21354383.jpg

          外側を縫う。

b0194865_2136622.jpg

          このような具合。

b0194865_2136351.jpg

          この間にダウンを入れる。

b0194865_2137188.jpg

          たっぷり入る、大容量。

b0194865_21432860.jpg

          1.5Lのペットボトルと比較。


          非常にシンプルな構造だ。
          
          高機動!!
[PR]
by koukidou-soubi | 2011-01-29 21:45 | 野外炊具

ウルトラライト ダウンコジー (DOWN COZY) 

b0194865_22505817.jpg

          H.M.E ウルトラライト DOWN-COZY!!

b0194865_22512687.jpg

          底。

b0194865_22515780.jpg

          当たり前だが、小さくなる。

b0194865_22521711.jpg

          24g。

b0194865_22523420.jpg

          ダウンを入れる前は、7g。(ダウン入れすぎた。)

b0194865_2253397.jpg

          1.5Lのコーラと比較。(ダウンを入れる前の形。)

b0194865_22533022.jpg

          中に入れたDOWN。

          素材は、15デニールナイロン。撥水加工、両面シレー。
          目付29g/㎡。通気度1.0cc/cm2/sec。(DOWN対応)

          サイズ 縦約200mm×底部縦約140mm底部横約80mm。

          後、5gDOWNを抜いて、19gにしたい。性能の低下はないだろう。

          携帯性・重量ともに満足だ。中に入れたモノの形状に密着し、保温する。
          耐久性もまずまずではなかろうか。


          (DOWNスリッパをこの要領で作ると、左右で100gを切るだろう。)


          高機動!!


          
[PR]
by koukidou-soubi | 2011-01-28 23:31 | 野外炊具

マイクロバックパックの改造2 (総重量56g)

b0194865_2142745.jpg

          もとの負い紐は左右で12g。メッシュのは左右で6gなので、倍の重量。

b0194865_21424939.jpg

          分解前のMBPは62g。

b0194865_21431755.jpg

          分解。

b0194865_21434681.jpg

          完成!!

b0194865_2144480.jpg

          56g。


          6gの軽量化。

          とりあえず、試験的な取り組みなので作りは雑だ。

          そもそも、負い紐にパットが必要なのか?(←でたでた、、、)

          『均等な圧力』と『面積』が問題ではないのか?

          今回の素材自体は従来のモノと比べると非常にやわらかい。
          カッティングもバイアスの為、体へのフィット感は高い。
          ポリエステルなので、汗は吸わない。通気性は抜群だ。

          (現在まで、白いMBPをほぼ毎日使用してきたが特に問題はなかった。
           MBPはこの仕様で決定とする。素材は変更あり。)

          高機動!!
[PR]
by koukidou-soubi | 2011-01-25 22:12 | 背嚢(バックパック)

マイクロバックパックの改造

b0194865_2130643.jpg

          中央は、新しいBackPackの負い紐。右がMBP用に作った、負い紐。

b0194865_21303928.jpg

          このような具合。

b0194865_2131785.jpg

          細くみえるが、、、

b0194865_21312920.jpg

          巾は同じ。


          今回は試験も兼ねて、ホワイトのBackPackの負い紐を付け変えてみる。
          問題なければ、かなりの軽量化になる。(1.5kgぐらいには耐えてもらいたい。)
          ちなみに現段階で、負い紐左右の合計重量は6g。

          高機動!!
[PR]
by koukidou-soubi | 2011-01-24 21:42 | 背嚢(バックパック)

スカイハイマウンテンワークスで買い物

b0194865_12564398.jpg

          スカイハイマウンテンワークスに行ってきました。

b0194865_1257125.jpg

          購入したのはこの2点。

b0194865_12571555.jpg

          軽い!かっこいい!!

b0194865_12572881.jpg

          ウィンドスクリーンは切って使うのか?

b0194865_12574369.jpg

          これに合う、軽量ポットが欲しくなった。


          オーナーの方にはいろいろなお話を伺い、大変勉強になりました。
          (大変親切で、かっこいい方でした。)
          お店の中には魅力的な商品がたくさんで、刺激うけまくりでした。
          (いつもはネットでしか見れないものがほとんどなので、、、)
          本当に行ってよかった。

          今年は、六甲山に登りたいなぁ~!!

          高機動!!
[PR]
by koukidou-soubi | 2011-01-23 13:18 | 野外炊具

バックパックの負い紐つづき

b0194865_784320.jpg

          先に、完成の写真。

b0194865_79235.jpg

          パーツを作る。

b0194865_791896.jpg

          このような具合。

b0194865_793422.jpg

          ベルトに挟んで、縫う。

b0194865_794982.jpg

          完成。


          この形状で、少々張力がかかっても大丈夫だろう。
          新型負い紐はこちらから
          

          高機動!!

         
[PR]
by koukidou-soubi | 2011-01-17 07:15 | 背嚢(バックパック)

COZY用素材の性能実験

b0194865_16513154.jpg

          COZY用素材の実験道具。
  
b0194865_16515280.jpg

          80℃から60℃になるまでの時間を計測。退屈な実験だ。
          順番に試験をしていく。

b0194865_16521455.jpg

          一番右は、一番成績のよかった、アルミ蒸着ポリウレタンシート。


          結果
          何もしない   約7分10秒
          アルミメッシュ 約7分40秒
          アルミホイル  約8分10秒
          アルミ蒸着   約9分10秒

          雑な実験なので、あくまで目安だが、アルミ蒸着ポリウレタンの圧勝だ。
          ん~、アルミ接着メッシュは無いよりましぐらい。
          
          暗礁に乗り上げた(--;)


          高機動~!!

          結局、DOWN COZY(ダウンコジー)でとりあえず開発終了。
[PR]
by koukidou-soubi | 2011-01-16 17:26 | 野外炊具

改造-バックパック

b0194865_10313349.jpg

          バックパックの負い紐にベルトを追加する。右が、追加後。

b0194865_10315013.jpg

          ベルトを裁断。

b0194865_1032650.jpg

          パイピングを解いて、中に入れる。

b0194865_10324976.jpg

          縫う。完成。


          昨日作った負い紐の引っ張り強度が不足の為、これにベルトを縫い付ける。
          その作業は後日。(本来はパイピングの前に、仮止めをする。)

          この技の応用で、お手持ちのバックパックに新たなオリジナル機能を追加されてみては
          いかがだろうか。


          高機動!!
[PR]
by koukidou-soubi | 2011-01-16 10:43 | 背嚢(バックパック)

メッシュ負い紐(部分縫い)

b0194865_2017486.jpg

          バックパックの負い紐のアップ。

b0194865_20191919.jpg

          撥水ナイロンテープでパイピング。メッシュ1枚のみ。

b0194865_2021620.jpg

          これを追い紐のベースにする。これに、グログランテープやらを縫い付ける。

          巾は6cm。(マイクロバックパックは巾4cm。)
          この状態で、左右あわせて7g。
          メッシュは、ドレープ性が低く、張り腰がある。
          多少の仕様変更が必要か!?

          高機動!!



          
[PR]
by koukidou-soubi | 2011-01-15 20:39 | 背嚢(バックパック)

COZY用素材の性能実験準備

b0194865_2038623.jpg

          ガラスのカップを用意。アルミホイルの光っている方を外側に巻いたものと、アルミ接着
          メッシュを巻いたものと、何もしていないもの。

b0194865_20384219.jpg

          メッシュはこのような具合。

          
          COZYに使用する素材の保温性を検証する。この類は断熱性は期待できない。
          
          "第4世代COZY"←以前の記事はこちら。
          
          っで、熱放射性(率)が本当に低いか、冷めにくいか実験する。
          
          もうひとつは、発泡ポリウレタンにアルミ蒸着してあるシートを巻いたものを
          
          用意する。(こちらはまだ準備できていない。)
          
          ↑この素材は現在世に出回っている保冷バックの素材。
          
          ↑これに勝る、携帯性の高いCOZYを作りたいわけだ!!

          来週の日曜日には、実験する予定。うまくいくと良いのだが、不安の方が大きい。
          
          高機動!!
[PR]
by koukidou-soubi | 2011-01-11 21:17 | 野外炊具