身近な自然を楽しむ装備


by koukidou-soubi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
児島半島縦走
デルタ君
背嚢(バックパック)
天幕(Shelter)
個人装備
サコッシュ(Sacoche)
ポーチ(Pouch)
ペグ(Tent Peg)
ペグポーチ(Peg Pouch)
ウォレット(Wallet)
野外炊具
糧食
機体整備
PDF
未分類

SHOP LIST

フォロー中のブログ

外部リンク

以前の記事

2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月

その他のジャンル

最新の記事

H.M.E Spinnake..
at 2016-02-02 13:26
H.M.E cuben fi..
at 2016-01-29 19:45
H.M.E Cuben Fi..
at 2016-01-26 23:15
H.M.E Spin Wal..
at 2016-01-11 21:04
H.M.E Spinnake..
at 2016-01-07 14:59

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アウトドア

画像一覧

カテゴリ:機体整備( 11 )

内釜の止め金具

b0194865_1824880.jpg


矢印の先が内釜のクボミ。ペンで赤く塗ってるのが止め具。

ここへ、止め金具のポッチが入って内釜を固定!?しています。(回転しないようになっている。)

何らかの理由で止め具が折れたか、抜け出したか、、、


ここをあたってみて!






          H.M.Eの商品はこちらから ^v^/

          人気ブログランキングへ
[PR]
by koukidou-soubi | 2012-08-01 18:10 | 機体整備

機体は異常無し???

b0194865_21352644.jpg

左が苦戦していたテープ^^;右は普通のテープ、、、

b0194865_21352110.jpg

極細繊維で密度の高く、シートベルトのよう。こんな感じで上糸が、、、

b0194865_2136490.jpg

普通のヤツを試しに縫ったらなんともなかった^^;

b0194865_2136250.jpg

厚みはさほどかわらないが、多少厚い。




糸は30番手テトロン。今回いつもと違うゴツイテープを縫おうとして難儀していた。

なんやかんやしてみたがイマイチ、、、で、試しに普通のテープを縫ったらなんともなかった、、、

『糸』が負けてる!?糸にシリコンでも吹いてみるかなぁ、、、





高機動!!








          H.M.Eの商品はこちらから ^v^/

          人気ブログランキングへ
[PR]
by koukidou-soubi | 2012-05-11 22:07 | 機体整備

釜にキズがぁ、、、

b0194865_21571100.jpg

釜に、、、

b0194865_21573537.jpg

キズがぁ、、、




調子よくないので点検してたら釜にキズが、、、

針を折ったわけでもないのに、、、



キズは浅いので明日ホームセンターで耐水ペーパーを買ってきて磨く。

たぶんそれで大丈夫。ダメなら釜の交換、、、






高機動!!









          H.M.Eの商品はこちらから ^v^/

          人気ブログランキングへ
[PR]
by koukidou-soubi | 2012-05-09 22:00 | 機体整備

高機動装備需品工場!!

b0194865_21495811.jpg

差し障り無い範囲で撮影。(あっ、機密事項はモザイクかければよかったんだ^^;)

b0194865_2150236.jpg

イスの背もたれは取り外している。高機動!!

b0194865_21504355.jpg

セロハンテープで取り付けられたコンビニ袋はゴミ袋になっている。高機動!!

b0194865_21505610.jpg

極秘装備品の眼鏡(このガンキョウ、100均の虫眼鏡ともいう)。何に使うかって!?

b0194865_21512081.jpg

針と剣先の隙間0.05mmを確保する為だ。

b0194865_21513847.jpg

針板。針の太さに合わせて、針板を交換する。(一番手前のヤツは針穴の後にミゾが付いてある。)

b0194865_21515937.jpg

押金も針と生地に合わせて交換する。他にもある。

b0194865_21521468.jpg

針も素材に合わせて、使い分ける。

b0194865_2152442.jpg

糸は伸縮糸・ボンド糸・テトロンフィラメント糸など多数、、、(写真は一部。)
番手は30番手が多い。後は50番手。

b0194865_21525822.jpg

その他、資材多数。(写真は一部。)



世界最強の装備品(ULギアは除く)が生み出される高機動装備需品工場に潜入!!

↑って言ってみたかった^v^


カスタムギアを作る分にはこれ1台で対応できる。15デニールから1000デニールオーバーでも大丈夫だ。
(もちろん部品の交換・調整は行う為、時間は非常にかかるが、、、)


ほんというと、極薄用設定ミシン・中厚・極厚用設定ミシンとエッジテープ用に1台の計4台ぐらい欲しい。
(かならず手に入れてやるぅ~!!)




ん~、こうして見ると『ミシンマニア(縫製機械整備技能士)』な『縫製マニア(縫製技能士)』だな^^;






高機動!!







          H.M.Eの商品はこちらから ^v^/

          人気ブログランキングへ
[PR]
by koukidou-soubi | 2012-03-31 22:58 | 機体整備

ボビンケースの交換。

b0194865_19165424.jpg

          左が新しいボビンケース。

b0194865_19172216.jpg

          バネの形が違う^v^

b0194865_19174362.jpg

          30デニールシルリップナイロン(3枚重ね)。テトロン糸、30番手。

b0194865_1918164.jpg

          1目、4mm。




          ミシン屋さんに注文していたボビンケースが到着^v^

          普通では気にならないレベルだが、どうも下糸の調子が気になってしかたなかった。
          調整しまくってもパッとしなかったので、ボビンケースを交換した。


          ハイ、絶好調!!


          次は、『糸取りバネ』を交換するかな、、、







          高機動!!








          H.M.Eの商品はこちらから ^v^/

          人気ブログランキングへ
[PR]
by koukidou-soubi | 2012-02-03 19:35 | 機体整備

タオル目!?、、、

b0194865_18354791.jpg

          同僚の私物の職業用ミシン、、、

b0194865_1836829.jpg

          裏側の目が時々悪いらしい、、、

b0194865_18362243.jpg

          はい、釜に深い傷がございました、、、(目ではなく、爪で確認。)



          ミシン屋でオイル注して、凄いお金とられて、直らなかったらしい。挙句に、新しいミシンを
          買うように進められたって、そりゃ悪徳業者だよ^^;

          まず、糸通しの確認。針交換。ボビンに傷がないか確認。押さえにも傷がないか確認。
          糸取りバネの調子を調整。で、釜の確認で『ガリッ』と傷を確認。目では見えない位置な
          ので、爪で確認をする。

          とりあえず釜の傷を研磨して、ダメなら釜の交換。耐水ペーパーがないので、研磨は明日。
          これで、調子が良くなるといいのだが^v^


          9/15追記
          とりあえず、釜の傷を研磨し、11番だった針を14番に交換。生地に対して針が細すぎだよ。
          16番を進めたが、細い針が好きらしい、、、^^;



          さっ、BackPackつくろ!!





          高機動!!








          H.M.Eの商品はこちらから ^v^/

          人気ブログランキングへ
[PR]
by koukidou-soubi | 2011-09-14 18:57 | 機体整備

『糸かけ』・『糸取りばね』・『押え圧』の調整。(薄物編)

b0194865_20464819.jpg

          薄物を縫うとき、糸かけを中央から右に寄せる。(糸・テトロン、番手50~80)

b0194865_2047819.jpg

          パッカリングが多い時、糸取りバネを弱めてみる。
          マイナスドライバーで反時計回りにまわす。

b0194865_20472887.jpg

          押さえは生地が滑らない程度に弱くする。反時計回りで弱くなる。


          10デニールナイロン等の極薄素材等を縫製するさいの参考になれば幸いです。
          素材が薄くなればなるほど縫製は難しくなりますが、ぜひチャレンジしてみて下さい!!          
          
          高機動!!


          
[PR]
by koukidou-soubi | 2010-10-04 21:23 | 機体整備

送り歯の『高さ』・『傾斜』の調整(薄物編)

b0194865_20552249.jpg

          『送り歯』が、針板上面より一番高くなる時の標準の高さは、薄物で0.5mm
          中厚で0.8mm厚物で1.2mm。赤丸のところのネジをゆるめて高さを調整する。

b0194865_20554816.jpg

          パッカリングが多い時は、『送り歯』を手前下がりにする。生地を伸ばすように縫う。

b0194865_20573376.jpg

          ここで調整。

b0194865_2057526.jpg

          矢印のネジをゆるめて、マイナスドライバーで丸の部分を標準より半時計回りに90度
          以内にまわす。ミシンにもよるが、印がある。
          やりすぎると今度は縫いズレをおこすので注意。


          まとめ
          『送り歯』は基本、水平。パッカリングは手前をさげる。縫いズレは手前を上げる。
          『送り歯』が低すぎると、縫い目がふぞろいになる。
          
          ミシン1台で、ULバックパックをまるめるのは少々大変だ。ベルト類の工程は完全に
          厚物設定になる。
          こういった細かな設定が、作り上げたモノの表情に表れる。

          高機動!!




          H.M.E wallet 販売中

          
[PR]
by koukidou-soubi | 2010-09-29 21:32 | 機体整備

針交換に伴う釜の調整

b0194865_2042837.jpg

          いままで、何気に針の番手を書いていたが、、、釜のことにはふれていなかった。針交換
          したら、確認・調整する。

b0194865_20425517.jpg

          針の番手が変わると、もちろん針の太さも変わる。すると、針と釜剣先の距離もかわる。
          目とびなどの縫製不良が発生しやすくなる。(左18番・右9番)     

b0194865_20463032.jpg

          釜の止めネジをゆるめて、針と剣先のすき間を0.05mmにします。
          (針棒を最下点から上昇させて、調節する。)
   
b0194865_20444717.jpg

          古いミシンや、針を折ったりしたら、釜にキズがないか確認する。爪でなぞるとよくわかる。
          キズは磨いて、きれいにする。剣先がつぶれていたら、いくら調節しても不良が発生しやす
          くなる。そのときは、釜を交換する。

          
          ざっくりとした説明ですが、おおよそこのような流れです。目とびや、針折れの原因が分か
          らないという方は、これらも要因のひとつとなりますので、ご確認されてはいかがでしょう
          か。

          まとめ
          針の番手を大きくかえるときは上記のように確認したほうがよいです。
          針は出来るだけ太い方がよいです。
          細い針ほどブレやすくなるので、薄物は速度をおとして、目とびやパッカリングに注意して
          ください。


          高機動!!





      

          *TETKさん作製のユーチューブです*
[PR]
by koukidou-soubi | 2010-09-27 21:40 | 機体整備

薄物(極薄)素材の対応(押さえ金・針板編)

b0194865_20424826.jpg

          極薄素材を縫う時、細い針を使うが、針に合わせて針板も変えてやる。
          写真の左は針穴2.0mm、右は針穴1.2mm。
          必要に応じて、針は貫通抵抗の少ないNS針LP加工(オルガン)
          がよいだろう。

b0194865_2044021.jpg

          押さえ金は、『糸の締り』や『ばたつき』に対応するものを使う。
          左は普通の押さえ。右はSUISEの古いタイプの押さえ(P351K)。


          糸の締りを弱くする。針と糸が生地を貫通する時に、生地をばたつかせない。
          

          高機動!!
[PR]
by koukidou-soubi | 2010-08-31 21:25 | 機体整備